2018年1月14日日曜日

仮想通貨口座 実名確認拒否すれば入金制限へ=韓国当局が方針

出逢い ~吾輩の読書との出逢い~: 殺人倶楽部

仮想通貨口座 実名確認拒否すれば入金制限へ=韓国当局が方針

韓国金融委員会が過熱する仮想通貨取引に関する後続措置を策定した。仮想通貨の口座で取引する際に実名確認を拒否した場合、口座への入金を制限することなどが盛り込まれた。金融当局関係者が14日、明らかにした。


ビットコイン、いま大暴落したら一体どうなるか 一般人にはリスキーな投資です

どんな影響が?

'17年は、インターネット上の仮想通貨・ビットコインが急激な値上がりを続けた年だった。'09年に運用が開始されたビットコイン(単位はBTC)は、'17年4月には1BTC=14万円前後であったが、同年12月には190万円前後と10倍以上に高騰しているのだ。
バブル期を彷彿とさせるような狂乱の相場とあって、世界中のプロ・アマチュア投資家がビットコイン投資に殺到。ビットコインの時価総額は12月13日の時点で2940億ドル(約33兆円)、トヨタをも抜き去った。だが急激な値上がりから、その崩壊を予期する向きも多い。不動産や株式とも違う新しい投資対象である仮想通貨は、もし崩壊すれば市場経済にどのような影響があるのか。


2018年の日本経済予想、米国主導の好景気が続く?

2017年の日本経済は比較的堅調に推移し、後半は予想外の株高が実現しました。2018年はどのような年になるのでしょうか。また株価や為替はどう推移するのでしょうか。
 数字の上での日本経済は非常に好調です。2017年7~9月期のGDP(国内総生産)は7四半期連続のプラス成長となりました。日本経済が伸びているのは、ズバリ、米国の景気がすこぶる好調で、輸出産業を中心に企業の業績が拡大しているからです。最近では製造業の「地産地消」化が進み、以前ほど輸出が伸びるわけではありませんが、それでも米国の景気が伸びれば日本からの輸出は増え、関連する設備投資が増加することで国内にも恩恵が及びます。
続きは



資金100万円から億り人へ「株芸人・井村俊哉」の100倍投資術

 アルバイト代わりに始めた株投資で、下積み芸人が億万長者に成り上がった! 資金を7年で100倍にした「井村流」株式投資の極意を公開する!◆資金100万円から億り人へ 株芸人・井村俊哉の100倍投資術 コントトリオ「シンブン」の一員だった井村俊哉氏が本格的に株式投資を始めたのは、’11年だ。「下積み中の芸人は本業だけでは生活できないので、アルバイトをするのが普通ですが、僕は株で稼げないかと考えたんです」 子供の頃からお年玉などで貯めていた100万円を元手に投資したのが、よりによって粉飾決算の発覚で上場廃止寸前の渦中にあったオリンパス。「2000円台だった株価が600円ほどに暴落していたので、リバウンドを狙って信用買いしてしまったんです」


とろサーモン久保田も言及した「仮想通貨」。いまさら聞けない基礎知識を10分でおさらい



投資額たった6000億円でプラチナバンドもなし、散華しかねない楽天「第4の携帯キャリア事業」はどうやって生き残るのか



なぜ米国のサラリーマンはプール付き豪邸に住めるのか

続きは


国債残高は減少、投融資継続でクレジットは増加

第一生命保険<8750.T>は25日、2017年度下期の一般勘定資産運用計画について、国債投資は基本的に行わず、償還等により残高は減少するとの見通しを示した。日銀の「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」による低金利環境が続くとみているためだ。オープン外債は円安環境の中、足元で増加方向。今後は為替水準次第で残高をコントロールする。外国株、オルタナティブは上期に続き残高の増加を見込んでいる。不動産についても、海外案件や商業施設などへの投資により残高の増加を見込んでいる。
続きは


ドルに利食い売り、底堅い指標は押し上げ要因にならず

終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して下落。米連邦準備理事会(FRB)議長の後任人事などを巡り「確実な材料に欠けるなか利食い売りが出た」(BKアセットのキャシー・リアン氏)。
続きは


【お金は知っている】「財政悪化」虚偽情報を流す自虐メディア、市場行動に無知な経済記者 見失っている大局



アルファクス・フード・システム、利回り4%超の 株主優待を新設! 山口県のホテル宿泊・温泉無料券 (1枚7000円相当)が保有株数に応じて贈呈される!


NBA史上最高額「2400億円」でロケッツを買ったテキサスの富豪

米テキサス州ヒューストンの実業家、ティルマン・ファーティタが米プロバスケットボール(NBA)の「ヒューストン・ロケッツ」を22億ドル(約2400億円)で買収したことが10月6日、正式に発表された。
続きは

邦銀のITシステムは、いまだに「貧テック」だ


日本のメガバンクのフィンテック投資も増え始めたが…(撮影:編集部)

バーガーキングのスマホジャック事件

今年4月、米国であるテレビCMを見ていた人々のスマートフォンが、突然、一斉に"バーガーキング"の解説をしゃべり始めた。バーガーキングによる「スマホジャック」事件である。
いったい何が起きたのか

雑誌「プレイボーイ」を生んだヒュー・ヘフナー 遺産のゆくえ



東京の不動産爆買いから5年・・・なぜ中国人投資家たちは「売却」に転じ始めたのか=中国報道

 中国人投資家の間で東京近郊の不動産の人気が高まり、不動産の爆買いが始まったのは2012年ごろからだと言われる。日本では5年以上所有した不動産を売却すると「長期譲渡所得」として税率が低くなるが、不動産の爆買いから5年が経過したことで、中国人たちは不動産の売却に転じているようだ。
続きは


株式に投資するなら海外も見て

つい先日、日本に投資するのがいいのか、アメリカやヨーロッパがいいのかを比較した。表がその結果である。事前に予想したように、日本株に疑問が付いた。
この8月末まで、10年間強、5年間強、3年間強投資したとして、どの国が良かったのか(投資を始めた1円が、8月末で何円になったのか)、表でわかる。

続きは
BLOGOS


安室引退 NHK「ニュース7」も特集、鈴木アナ「放心状態」…元アムラー

 歌手・安室奈美恵が20日、公式サイトで、デビュー記念日である来年9月16日をもって引退することを発表した。この日は安室の40歳の誕生日だった。安室は今月16日にデビュー25周年を迎えており、来年のデビュー26周年を引退の日に選んだ。「長年心に思い、この25周年という節目の年に決意致しました」と伝えている。

目指せ黒帯! 益嶋裕の日本株道場

皆様こんにちは! マネックス証券マーケット・アナリスト兼インベストメント・アドバイザーの益嶋(ますしま)と申します。この度コラムを連載させていただくことになりました。お読みいただいた方の投資力の向上にお役に立つべく、投資の上達方法についてわかりやすくお伝えしてまいります。どうぞよろしくお願い致します。


麻薬より儲かった中国のICO 全面禁止までの狂乱バブル

中国のICO(新規仮想通貨公開=イニシャル・コイン・オファリング)市場の狂気は「瞠目結舌(あっ気にとられ、ものも言えない)」という4文字でしか形容しようがないものだった。
ついに中国の通貨当局はICOの全面禁止の措置を取った。



















中国人民銀行




「エスキュービズム」が新規上場の承認を取り消すと発表